GDCの洋服修理案内|アウター・ジャケット

ワイルドシングスロゴ
ワイルドシングスのジャケットが壊れてしまった場合の修理について
2017-09-06
リチウムオム
リチウムオムのアウター修理案内
2017-09-06
gdc

GDCのアウター修理でお困りなら

GDC(ジーディーシー)のアウター修理で
お困りならこちらのページを参照ください。
どういった修理が多いのか?またどのくらい
修理料金なかかるのかなどについて修理職人が
詳しく解説していきます。

GDCのアウターで多い修理依頼と参考料金

洋服やアウターの修理については意外と
情報が少ないので、良くわからないと
言う方も多いのではないでしょうか?
当サイトでは気に入ったものは修理・メンテ
ナンスしながら長く愛用する事をおすすめ
しています。

GDCの洋服を長く着ていると、部分的に
修理が必要になってくることもあります。
それでは早速どういった修理が多いのか
下記にて見ていきましょう。

コーチジャケットは袖口ゴム交換がおすすめ

おそらくGDCでも一番人気なのがシーズンを
通して着れるコーチジャケットです。コーチ
ジャケットはシンプルな作りなので壊れにくい
アウターといえます。

そんなコーチジャケットでお勧めの修理が
袖口ゴムの交換です。何シーズンか着て袖口が
減ったってきた場合は交換を検討しましょう。

  • 袖口ゴムの交換 両袖 7000~9000円

 

ダウンの色々な修理

GDCのダウンも色々な修理が可能です。
ダウンの生地が破れてしまった場合は早めに
修理しましょう。ほうっておくと中の羽毛が
出てきて修理すること自体が困難になってしまいます。

ダウンの破れの際には通常共布をアタッチして修理
します。購入時の状態に戻すことは困難ですが
ほとんど遜色のない程度まで状態を復元することが
可能です。

  • ダウン破れ補修 8000円~

 

MA-1は袖口リブのヘタリに注意

MA-1の修理は主にファスナー部分と
袖口リブの交換になります。どちらの修理も
オリジナルのイメージをほとんど変更すること
なくできますのでお薦めです。

  • フロントファスナー交換 8000~12000円
  • 袖口リブ交換 両袖 1万~14000円

その他GDCの洋服の修理については
無料のメール見積もりをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理
保証をつけています。修理後3ヶ月以内の
不具合に関してはすべて無料にて再修理
致します。安心して修理ご依頼ください。