マルセロバーロンの洋服修理なら
2018-03-25
ジュンヤワタナベの洋服修理案内|アウター・デニム
2018-03-31
ポールスミスのコート裏地張替え

とても大切に愛用されているポールスミスのコート。表の生地はなんともないですがライニング(裏地)が傷んできました。こちらは張替えビフォーです。

ポールスミスのジャケットやアウター修理でお困りならこちらのページを参照してみてください。経験豊富な職人がどういった洋服修理が可能なのかについて詳しく解説していきます。

ポールスミスはイギリス発のファッションブランドです。特にメンズラインの人気が高いのが特徴です。

ファッション全般、バッグからサイフやスニーカーなど取扱商品はとても幅広くなっています。女性から男性へのプレゼントなどにもよく利用されるブランドです。

そんなポールスミスのジャケットやジーンズなどを長く愛用している場合には修理やメンテナンスについても予め知っておきましょう。

ポールスミスの洋服修理案内

それでは当サイトの修理例を参照にどういった修理が多いのかについて紹介していきます。メーカーにて断られてしまった修理に関しても一度相談下さい。

修理依頼が比較的多いアウター、ジーンズコートを中心に修理案内していきます。

コートの裏地交換(ライニング張替え)

ポールスミスのコート裏地張替え

とても大切に愛用されているポールスミスのコート。表の生地はなんともないですがライニング(裏地)が傷んできました。こちらは張替えビフォーです。

外した裏地

古くなった裏地を丁寧に外します。

ライニング張替えアフター

近い色とパターンの裏地にて張替え。修理アフター。

裏地の張替えはコートやアウターで特に多い修理です。

コートなどの裏地部分は着用時に生地スレを起こしやすいところです。長く愛用していると傷んでくる可能性が高いので注意しましょう。

傷んできた場合には部分的な補修もしくは全体交換にて修理が可能です。

  • 裏地部分補修(コート)6,000円~
  • 裏地全交換(コート)15,000円~

 

アウターやブルゾンで多いファスナー修理

ポールスミスのブルゾンやアウターはファスナーの不具合に注意しましょう。3年以上使用している場合には不具合が出る可能性が高くなっています。

ファスナー不具合の修理方法は主に2通りあります。スライダー交換もしくはファスナー一式の交換となります。

  • スライダー交換 3000~5000円
  • フロントファスナー交換 8000~12000円

 

ジーンズで多いリペア

ジーンズで多い修理はやはり破れの補修です。デニム生地が弱ってきた場合にも補強することが出来ます。

デニム生地が破れてしまった場合にはミシン刺しでの修理が一般的です。

  • デニム破れ補修 5000円~

 

またジーンズはポケット裏地の破れなども比較的多くなっています。そのまま使用しているととても不便ですので早めに修理しましょう。

  • ポケット裏地交換 4000円~

シャツの修理

素敵な柄のポールスミスのシャツ

素敵な柄のシャツです。誤ってタバコで穴を開けてしまったとのこと。

タバコの穴あき

◯の部分に大きめにタバコの穴が空いてしまっています。このままでは着れないので補修しましょう。

穴あき修理アフター

共布をとって補修しました。柄が入っているのでそれほど目立ちません。

デザインがお気に入りのシャツは長く愛用したいもののです。破れ、サイズ調整、またタバコなどで空いてしまった穴の補修などが可能です。

  • 破れ補修 5,000円~
  • 穴あき補修 5,000円~
  • 着丈詰め 5,000円~

 

その他ポールスミスのコートやスーツなどの修理も可能です。特殊な修理に関しても諦めずに相談下さい。

ポールスミスの洋服修理に関しては無料のメール見積もりをご利用ください!店舗来店&郵送にて修理受付中です。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。