ディーゼルのデニムのカスタムや修理について解説

チャンピオンの洋服修理でお困りならこちらを参考に!
2019-04-25
アンダーカバーの洋服修理を検討中ならこちらを参考に
2019-04-25

ディーゼルのデニムを自分の好みにカスタムしたい

ディーゼルのデニムのファスナーを直したい

といった、ディーゼルのデニムの修理を検討しているならこちらのページをご覧ください!経験豊富な職人が洋服修理について詳しく解説します。

ディーゼル(DIESEL)は、1978年にレンツォ・ロッソが1978年に設立したイタリア・モルヴェーナに拠点を置くブランドです。これまでカール・ラガーフェルドやアディダスといった他ブランドとのコラボレーションを発表しています。日本には1999年に大阪と東京にディーゼルストアを開店。現在ではメンズ、レディース、キッズの洋服、デニムからバッグ、アクセサリー、シューズなど幅広く商品展開をしています。

ディーゼル メーカーでの修理

ディーゼルの修理はオリジナルにこだわるならメーカーに修理の依頼をしましょう。メーカーでの修理依頼は、見積もりや、納期に時間がかかったり、料金が高額になるのが一般的です。依頼をする際は注意しましょう。

ジーンズのカスタムリペアに関してはメーカーでは対応できない場合が多いので注意しましょう。

〇ディーゼル公式ホームページ

ディーゼル 修理専門店での修理

メーカーのオリジナル修理にこだわらない、早く修理をしたいといった場合修理専門店での修理を検討しましょう。
修理専門店に修理を依頼する際は以下の点に注意しましょう。

  • オリジナルのパーツでの修理はできません
  • ギャランティーカードや領収書などがなくても修理を受付ます
  • メーカーで断られた修理も受付てもらえる場合が多いです
  • 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速です
  • 修理金額はメーカー修理よりも安価に収まるケースがほとんどです
  • カスタムにも対応可能

 

それではディーゼルのデニム修理にいて解説していきます。

ファスナー・ボタン修理交換

ディーゼルのデニムに使われているファスナーは長く愛用しているうちに壊れてしまうことがあります。スライダーが動かなくなった、取れてしまった、ファスナーが閉まらなくなった、といった修理依頼が多くなっています。

その場合、オリジナルと遜色のないファスナー、スライダーと交換修理が可能です。

また、ボタンやホックの交換も承ります。ただし、壊れてしまった、取れてなくしてしまった場合、オリジナルを取り付けることが出来ませんので注意が必要です。

  • ファスナー交換(ジーンズ)4,000円~

 

破れ・ほつれの修理

デニムの破れ、ほつれ、穴あきは修理が可能です。
股下の破れ、裾やポケットのほつれは広がらないうちに早めの修理をおススメしています。また、ボタンホールやベルトループのほつれ修理も承ります。

  • デニム破れ補修 3,000円~
  • ベルトループ補修 2,000円~
ディーゼル 破れ 修理

修理前

ディーゼル デニム 修理

ミシン刺し修理後

カスタム・サイズ直し

ディーゼルのデニムの丈を詰めたい、といったサイズ直しや、スタッズを付けたい、ポケットを付けたい、ユーズド感といったカスタムのご相談も承ります。洋服修理専門のアウトフィッターズのベテランの修理職人に直接依頼ができるので安心です。

ディーゼルのデニムはもう、穿けなくなった、着られなくなったとあきらめる前に一度ご相談ください。上記修理以外も対応しています。

その他ディーゼルのデニム修理に関するご質問は無料のメール見積もりをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。