シテラの洋服修理はどこで出来るの?修理職人が詳しく解説します

桃太郎ジーンズのデニム修理を職人が解説します
2019-03-29
シュプリームの洋服修理やカスタムで困ったら!職人がおすすめする依頼方法
2019-03-31

シテラのジャケットの袖丈を詰めたい

パンツの股下が破れたのを直したい」といった場合にはまずはこちらのページをご参照ください。

シテラの洋服修理でお困りの場合は洋服修理のアウトフィッターズにご相談ください。各種ブランドの洋服修理専門のベテランの職人がシテラの洋服修理を解説していきます。

シテラ(CITERA)は2016年9月にアパレルメーカーのヤマト インターナショナル株式会社が「移動を快適にするアクティブ・トランスファー・ウェア」をテーマに、実店舗を持たないブランドとして創設しました。現在はオンラインサイトを通してアイテムを展開しています。

メーカーでの修理

シテラの洋服修理をオリジナルの素材を使用して修理をしたい場合は、メーカー修理を検討しましょう。メーカー修理の場合、見積もりや納期に時間がかかるケースが多く、また修理費用も高額になることが多いので注意しましょう。

CITERA®は「移動を快適にするアクティブ・トランスファー・ウェア」をテーマとしたオンライン・ウェア・レーベル。WEB、SNS等の様々なデジタルツールやアプリケーションを通じて展開しています。

洋服修理専門店での修理

メーカーでの修理を断られた、早く直したい、オリジナルの素材での修理にこだわらない場合、シテラの洋服修理は修理専門店での修理を検討しましょう。一般的にメーカー修理と比較すると見積もりや納期が迅速で、修理費用も安く収まることが多いようです。

また実際に店舗にて職人に相談したい場合にも洋服修理専門店が安心です。

パンツの丈詰め・サイズ直し

シテラのパンツの丈を詰めたい、コートの袖丈を詰めたい、といったサイズ直しを承ります。多くのブランドの洋服修理を経験してきた職人がサイズ直しをいたしますので安心です。

ハードに使用している場合など、ボトムスが破れてしまうことがあります。実はそういった場合にもほとんどの場合修理対応が可能です。

  • 丈つめ 2,000円~
  • 袖丈詰め(アウター)5,000円~
  • 生地破れ補修 4,000円~

 

ファスナー・ホックなどの修理

パンツやジャケット、パーカーなどに使われているファスナー、ホックなどは長く愛用しているうちに故障してくることがあります。

ファスナーが閉まらない、スライダーが動かない、ホックが壊れたといった場合交換修理が可能です。オリジナルと遜色のないパーツを使用して交換修理をいたしますので安心です。

スライダーが動かなくなった場合、無理に動かすと生地を傷めることがあるので早めの交換修理をおすすめします。

  • ファスナー交換(パンツ)3,000円~
  • ファスナー交換(アウター)7,000円~

 

やぶれ・ほつれ修理

シャツの破れ、コートの袖のほつれ、パンツのポケットのほつれなどは再縫製による修理が可能です。ボタンホールのほつれや、ベルトルーフのほつれなども修理が可能です。破れた、穴が開いた、ほつれたのでもう着られないとあきらめる前に修理を検討しましょう。

シテラの洋服はもう、穿けなくなった、着られなくなったとあきらめる前に一度ご相談ください。
その他シテラの洋服修理に関するご質問は無料のメール見積もりをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。