ルメール(LEMAIRE)の修理についてブランド洋服専門の修理職人が解説!

ティティー&コ—の洋服修理について詳しく解説します
2019-05-09
イサオラの防水ファスナー
イサオラ(ISAORA)の洋服修理についてのまとめ記事
2019-05-10

ルメールのアウターの裾周りを直したい

ボタンホールがほつれてきたけど直せるかな?

といった、ルメールの洋服修理を検討しているならこちらのページをご覧ください!経験豊富な職人が洋服修理について詳しく解説します。

ルメール(LEMAIRE)はデザイナーのクリストフ ルメールが1990年にフランスで設立したファッションブランドです。当初はレディースだけでしたが現在ではメンズコレクションも展開しています。流行を追うより「一生永く着られる服」をコンセプトに掲げて服を制作しています。

ルメールの洋服 メーカー修理

ルメールの洋服修理はオリジナルにこだわるならメーカーに修理の依頼をしましょう。
メーカーに修理を依頼する際は以下の点に留意しましょう。

  • 見積もりや納期に時間がかかる場合が多い
  • 修理料金が高額になるケースがある
  • ほかのブランドとのコラボ商品は修理を受付けない場合がある
  • 修理内容によっては修理を断られるケースがある
  • 領収証や保証書がないと修理を受けてもらえない場合がある

〇公式サイト

Lemaire présente des collections homme et femme de qualité aux détails attentifs pensés pour le quotidien. Le vestiaire se compose de vêtements singuliers aux lignes sereines et contemporaines influencés par les rues parisiennes cosmopolites d’hier et d’aujourd’hui. Lemaire est un projet collectif et indépendant.

ルメール 修理専門店での修理

オリジナルのパーツでの修理にこだわらない場合ルメールの洋服修理は修理専門店に依頼しましょう。
修理専門店に依頼する場合以下の点に留意しましょう。

  • 見積もりや納期が迅速な場合が多い
  • 修理金額はメーカー修理と比較すると比較的安価に収まる
  • メーカーに断られた修理も受付てもらえることが多い
  • 修理職人に直接希望を伝えることができる場合がある
  • 領収証や保証書がなくても修理可能

 

ジャケットの袖口修理・ポケットのほつれ修理

長年愛用してきたルメールのジャケットは袖口付近が擦り切れてくることがあります。そういった場合袖口の補修修理が可能です。

また、ボタンホールのほつれ、ポケットのほつれの修理も承ります。また、ほつれ、すり切れの修理は広がってくる前に早めに修理を検討しましょう。

  • 袖丈補修(ジャケット) 5,000円~

ルメールのジャケットやパンツのサイズ直し、カスタムなどの相談も承ります。もう、穿けなくなった、着られなくなったとあきらめる前に一度ご相談ください。

ファスナー・ボタン修理交換

ルメールのパンツ、ジーンズのファスナーが閉まらない、スライダーが取れてしまった、動かなくなった、といった場合交換修理が可能です。

また、ボタンが取れてしまった、ホックが閉まらないといった場合の交換修理も承ります。オリジナルと遜色のないファスナー、スライダー、ボタンと交換修理が可能です。

  • ファスナー交換(ジーンズ)4,000円~
  • ホック交換 3,000円~

 

サイズ直し

購入した時にはぴったりだったのに、時がたてばウエストがゆるい、丈が長いなどサイズ感がしっくりしない!なんてこともあります。

そのまま着用を続ける続けるのではなく、サイズ直しを検討してみませんか?
また、パンツやジャケットなどのカスタムのご相談も承ります。もう、穿けなくなった、着られなくなったとあきらめる前に一度ご相談ください。

その他ルメールの洋服修理に関するご質問は無料のメール見積もりをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。