チャンピオンの洋服修理でお困りならこちらを参考に!

ビームスの洋服修理を検討しているならこちらから
2019-04-25
ディーゼルのデニムのカスタムや修理について解説
2019-04-25

チャンピオンのパーカーの袖口を直したい

ロンTの破れを修理したい

といった、チャンピオンの洋服修理を検討しているならこちらのページをご覧ください!経験豊富な職人が洋服修理について詳しく解説します。

チャンピオン(Champion)は1919年、サイモン・フェインブルームがチャンピオンの前身となるブランドをアメリカ・ニューヨーク州ロチェスターで創業しました。

日本では1975年から販売が開始されています。1989年にヘインズブランド社の傘下に入り、現在ではアメリカンスポーツブランドとして「キング・オブ・スウェットシャツ」と称されています。

それでは、チャンピオンの洋服修理について解説していきます。

チャンピオン メーカーでの修理

チャンピオンのスウェットなどの洋服の修理はオリジナルにこだわるなら購入店、メーカーに修理の依頼をしましょう。
メーカーに修理を依頼する際は以下の点に留意しましょう。

  • 見積もりや納期に時間がかかる場合が多い
  • 修理料金が高額になるケースがある
  • 購入時の領収書などが必要になる場合がある
  • ほかのブランドとのコラボ商品は修理を受付けない場合がある
  • 修理内容によっては修理を断られるケースがある

 

〇チャンピオン オフィシャルホームページ

ヘインズブランズ ジャパン株式会社が運営するアンダーウェアからカジュアルウェアまで身近で親しみやすいブランドHanes (ヘインズ)との公式通販サイトです。返品・交換について

チャンピオン 修理専門店での修理

オリジナルのパーツでの修理にこだわらない場合チャンピオンの洋服修理は修理専門店に依頼しましょう。修理専門店に依頼する場合以下の点に留意しましょう。

  • 見積もりや納期が迅速な場合が多い
  • 修理金額はメーカー修理と比較すると比較的安価に収まる
  • 購入時の領収書などがなくても修理を受付ける
  • メーカーに断られた修理も受付てもらえることが多い
  • 修理職人に直接希望を伝えることができる場合がある

 

袖口・裾・丈の修理、サイズ直し

チャンピオンの人気のリバースウィーブのシャツやパーカーなど、また、ジャケット等は長く愛用していると袖口や裾の部分にホツレが生じることがあります。その場合ほつれた個所の修理が可能です。また、袖丈などのサイズ直しも承ります。

  • ほつれ補修 2,000円~
  • 袖丈詰め(ジャケット)5,000円~

 

ファスナーの交換修理

チャンピオンのパーカーやジャケットのファスナーは不具合が生じることがあります。ファスナーが閉まらない、スライダーが動かないといった場合交換修理が可能です。

  • ファスナー交換(アウター)7,000円~

 

穴あきの補修

長年愛用してきたチャンピオンのスウェットやシャツは穴あき、擦り切れなどが生じてくることがあります。そういった場合補修修理が可能です。

また、ボタンホールのほつれ、ポケットのほつれの修理も承ります。また、ほつれ、すり切れの修理は広がってくる前に早めに修理を検討しましょう。
チャンピオンのジャケットのサイズ直し、スウェットのカスタムなどの相談も承ります。もう、着られなくなったとあきらめる前に一度ご相談ください。

チャンピオンの洋服修理は上記修理以外も対応いたします。ご質問は無料のメール見積もりをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。