ステューシーのジャケットやアウターの修理について

ナンガ
ナンガ(NANGA)のジャケットやダウンの洋服修理まとめ
2017-08-13
ソフネット
ソフネットのアウターなどの洋服修理案内
2017-08-14
ステューシー

職人が解説!ステューシーのジャケット修理案内

こちらのページではステューシー(STUSSY)の洋服修理について修理職人が詳しく解説していきます。
ナイロンジャケットなどが壊れてしまった場合はまずはこちらのページを参照してみてください。

若い年代から50代まで人気のステューシー。色々なアイテムを長く愛用しているかたも多いのではないでしょうか?

Tシャツなどの洋服をはじめバッグ・スニーカー帽子など幅広く展開しているブランドです。

そんなステューシーで多い修理内容について当サイトの修理サンプルを参照に紹介していきます。

ステューシーでお勧めの修理

まずは街中でもよく見かけるステューシーのナイロンジャケットの修理です。ナイロンジャケットが修理できると聞くと驚かれる方もいますが実は色々な修理・メンテナンスが可能です。

まずは基本のファスナー交換

メーカーにかかわらずファスナーやスライダーが故障してしまうことは意外と多いです。壊れてしまった場合はファスナー全体を交換するか、スライダーの交換となります。

ステューシーに関しても近い色、形状のファスナーが手配可能な場合がほとんどですのでデザインを変えることなく修理可能です。

  • フロントファスナー交換 8,000~1万円
  • スライダー交換 3000~4000円

 

ナイロンが破れてしまった場合の修理

ナイロンジャケットが破れてしまった場合も状態によっては修理可能です。ナイロン生地自体に欠損が見られなければ裏側からのシーリング補修が可能です。

  • ナイロン生地補修 6,000円~

 

コーチジャケットで多いのはボタンホックの修理

ステューシーのコーチジャケットでお勧めの修理がバネホックの交換です。身頃についているホックは長く使用していると弱ってきます。そういた場合は早めに交換してしまいましょう。

  • バネホック交換 2,000円~

 

その他ステューシーのアウターなどの修理に関しても疑問・修理見積もりは無料のメール見積もりをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。