ナンガ(NANGA)のジャケットやダウンの洋服修理まとめ

ナイロンジャケット
クレッタルムーセンのマウンテンパーカー洋服修理案内
2017-08-13
ステューシーのジャケットやアウターの修理について
2017-08-14

ナンガの洋服修理について

国産シュラフでも有名なナンガ(NANGA)のジャケットやダウンについての洋服修理について解説していきます。

セレクトショップやゾゾタウンの別注モデルも多いナンガ。特に秋冬のシーズンに重宝するすぐれものです。暖かくしかも機能性が高いので毎年定番で愛用されている方も多いのではないのでしょうか?

公式ホームページ

国内生産に拘ったダウンシュラフ・メーカーNANGA。安全で品質の良いダウン(羽毛)を使用し、独自の縫製技術によって生まれる商品は、「暖かく、そして軽い」。当社の製品が必要とされる貴方の元へ運ばれ、「このメーカーは良い!」と思って頂ければ幸いです。

そんなナンガのジャケットですが特殊な仕様のものも多いので一般の洋服お直し店では修理を断られることもあります。そういった場合は諦めずにこちらのページを参照してみてください。

ナンガのジャケットで多い修理

それでは当サイトの修理サンプルを参照にナンガのジャケット修理の料金や修理方法について解説します。

防水ファスナー交換

防水ファスナーの交換はご依頼のとても多い修理内容です。ナンガなどのジャケットはインナーに雨などが染み込まないように防水ファスナー(アクアガード)を使用しているタイプが多くなっています。

通常のお直し店では対応の困難な防水ファスナーの交換も当サイトなら対応可能です。オリジナルのデザインを変更したくないといった場合に便利です。

  • 防水ファスナー交換 12,000~15,000円
  • 通常ファスナー交換 10,000~14,000円
  • メインファスナー交換(ダウン) 17,000円~

 

スライダー交換

フロントファスナーのスライダーのみが損傷してしまった場合はスライダーのみの交換にて修理できます。ダブルファスナーの場合でもほとんどが対応可能です。ファスナー全体を交換するよりもお安く修理できるのでお薦めです。

  • スライダー交換 4,000~6,000円

 

ナンガのダウンでお勧めの修理

ダウンジャケットの修理を断られた経験のある方は多いのではないでしょうか?実はダウンも色々な修理が可能です。

ダウンの破れや穴補修

ダウンを誤って破いてしまった場合などは特殊なケースを除いてダウン破れ補修が可能です。

カッターなどで切ったような鋭い破れであればきれいに補修することが可能です。破れ部分が大きい場合には多少見た目は変更になりますが、使用に問題がない程度まで状態を戻すことができます。

  • ダウン破れ補修 10,000~15,000円
    *特殊な場合は別途見積もり

その他タバコなどで空いてしまった穴に関しても修理可能です。穴が広がってしまう前に修理を依頼しましょう。

ダウンジャケットについてはこちらもご覧ください

高級ダウンジャケット修理実績多数の、ハイブランド洋服修理専門店アウトフィッターズです。「ダウンが破れてしまったけど修理できるの?」「ファスナーが壊れた!どうしよう!」などといったトラブルでお困りならまずは下記を参照してみてください。意外とまだまだ現役で使用できる可能性があります。また、丈の長いダウンコートの丈を詰めてショートにする等のお直しが可能な場合があります!へたってしまったマジックテープやホックの交換、プラスティックパーツの交換などダウンだからできないのでは?とあきらめていたお直しが可...

 

洋服修理店アウトフィッターズ
住所:東京都文京区本駒込6-13-1
電話番号:03-6304-1282
営業時間:10時~19時

 

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。