ルイス(Lui’s)の洋服修理やお直しについて

アダム・エ・ロペの洋服修理なら|後悔しないための修理依頼方法
2019-03-17
プラステ(plst)の洋服修理で困ったら!修理料金や依頼方法について
2019-03-24

ルイスのパンツの丈詰めをしたいんだけど

ルイスのファスナーが壊れた!修理はどこで?

といった場合にはまずはこちらのページをご参照ください。ルイスの洋服修理をベテランの修理職人が詳しく解説いたします。

LUI’S(ルイス)は「モテる男のワードローブをテーマにモード&ストリートのMIXコーディネートを提案」「着心地、カッティング、素材感を重視」というコンセプトのもと日本国内のアパレルメーカー株式会社パルが展開するブランドのひとつです。

ルイスのメーカー修理

ルイスの洋服の修理は購入したお店にて修理の受付をしています。オリジナルのパーツでの修理を希望する場合はメーカー修理を検討しましょう。

ただし購入してから経過年数がかなりすぎてしまった場合は修理を断られることもあるようです。また、メーカー修理の場合見積もりや納期に時間がかかることが多く、修理金額も高額になるケースが多いので注意が必要です。

株式会社パルのオフィシャルサイト。多数のアパレルブランドを全国展開するパルグループの最新ニュース、ブランド紹介、IR情報などを掲載しています。

ルイスの洋服修理専門店の修理

メーカーで修理を断られた、直すならこだわりのカスタマイズをお願いしたい、オリジナルのパーツでの修理にこだわらないという場合は修理専門店での修理を検討しましょう。

一般的に、見積もりも納期もメーカー修理と比較すると早い傾向にあります。また修理費用も安価に収まることが多いようです。

シャツの破れやほつれの修理

シルエットに特徴のあるルイスのシャツの破れ、糸のほつれ、袖口のすり切れ等の修理が多くなっています。

当サイトではオリジナルのデザインを損なうことなく、経験豊富な修理職人が修理するので安心です。

やぶれ、ほつれ、すり切れなどはそのまま着用を続けたり、洗濯をしてしまうとどんどん広がってしまいますので早めの修理をおススメしています。

  • ほつれ修理 2,000円~
  • 生地破れ補修 5,000円~

 

ホック・ファスナーの修理

ルイスのアウター、コート、パンツなどのホックやファスナーは、着用を続けていると壊れてくることがあります。壊れてしまったホックやファスナーは交換修理が可能です。

ジャケットのファスナーが閉まらない、パンツのホックが留めにくくなった、スライダーが壊れたなど、オリジナルと遜色のないパーツを使用して交換修理をするので安心です。

  • ファスナー交換(アウター)7,000円~
  • ファスナー交換(パンツ)4,000円~
  • ホック交換 2,000円~

 

アウター・コートの修理

アウター・コートは、シャツの修理同様、破れ、ほつれ、すり切れの修理が可能です。また、保管状況が悪くて虫食い穴が出来てしまった場合もミシン修理が可能です。裏地の破れ、ボタンホールの糸のほつれなどの修理もご相談ください。

サイズ直し・カスタマイズ

パンツの裾上げ、ジャケットの袖丈詰めなどのサイズ直しはもちろん、ポケットにホックを付けたい、コートにスタッズを付けたい、ファスナーを違う色のものに交換したいなどのカスタムのご相談も承ります。

  • 裾上げ(パンツ) 2,000円~
  • 袖丈詰め(ジャケット)5,000円~

 

その他、ルイスの洋服の修理が壊れてしまってもう着られないとあきらめる前に、洋服修理のアウトフィッターズに無料のメールでの見積もりをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。