スノーピークのジャケットやダウン修理案内

ノースフェイスのジャケットやパーカーの洋服修理案内
2017-08-10
ショット(Schott)のライダース修理についてのまとめ
2017-08-11

職人が解説するスノーピークの修理案内

スノーピークのジャケットやダウンが壊れてしまったけれどもどこに修理依頼すればいいかわからないと言った場合はこちらの記事を参照してみてください。

尖ったデザインが特徴的なスノーピークは新潟市に本社をおくアウトドアブランドです。本格的なキャンプ用品を始めナイロンジャケットやダウンなども幅広く取り扱っています。

スノーピーク 公式ホームページ

スノーピークは厳しい自然での検証に裏打ちされたハイスペックな製品群を提供するキャンプ・登山・アパレルを中心としたアウトドアブランドです。

スノーピークのジャケットやダウンについての情報はネット上にも多いとは言えないのでこちらのページにて詳しく解説していきます。

ジャケットやダウンで多い修理依頼

登山などのアウトドアで使用されることを想定しているスノーピークのジャケットは耐久性・防水性に優れてします。簡単には壊れることのないスノーピークですが長く使用していると、故障することもあります。

当サイトにて修理依頼の多い箇所を中心に修理について案内していきます。

ダウンが破れてしまった場合の修理方法

スノーピークのダウンが破れてしまった場合や穴が空いてしまった場合も実は殆どのダウンジャケットで補修修理が可能です。

傷の状態やダウンジャケットの仕様によって修理方法などが変わります。通常一度該当部分を分解してから、裏もしくは表面から共布をアタッチします。またステッチが入れられるタイプの生地の場合はステッチを細かく入れて強度を出します。

ダウンの傷補修に関しては見た目を完全に元通りに戻すのは困難ですが、ほとんど遜色のない程度まで状態を復元することができます。

  • ダウン破れ補修 8,000~15,000円
    *状態によって料金が変動します。

 

ファスナーが閉まらなくなった場合の修理

スノーピークのマウンテンパーカーは防水ファスナーを使用している場合が多く、ダウンに関してはビスロンファスナーが多くなっています。どちらのタイプのファスナーもオリジナルに近いファスナーにて交換できますので、ご安心ください。

ジャケットについているダブルファスナー(上下どちらからでも開閉できるタイプ)は故障することも多くなっています。滑りが悪くなってきたら早めの修理がお薦めです。

  • サブファスナー交換 13,000円~
  • メインファスナー交換 17,000円~
  • スライダー交換のみ 4,000円~

 

プラスチックバックルやドローコードの修理

対応してくれる店舗が意外と少ないドローコードやプラスチックパーツの交換修理も当サイトでは対応可能です。

スノーピークのジャケットにはプラスチックバックルを使用しているモデルもあるので壊れてしまった際には交換にて対応しましょう。

  • ドローコード交換 5,000~7,000円
  • プラスチックバックル交換 3,000~4,000円

 

スノーピークのジャケット以外にもパンツ・帽子バッグなどにも修理対応しています。スノーピークの修理で困ったらまずは無料のメール見積もりをご利用ください。

ダウンジャケットについてはこちらもご覧ください

高級ダウンジャケット修理実績多数の、ハイブランド洋服修理専門店アウトフィッターズです。「ダウンが破れてしまったけど修理できるの?」「ファスナーが壊れた!どうしよう!」などといったトラブルでお困りならまずは下記を参照してみてください。意外とまだまだ現役で使用できる可能性があります。また、丈の長いダウンコートの丈を詰めてショートにする等のお直しが可能な場合があります!へたってしまったマジックテープやホックの交換、プラスティックパーツの交換などダウンだからできないのでは?とあきらめていたお直しが可...

洋服修理店アウトフィッターズ
住所:東京都文京区本駒込6-13-1
電話番号:03-6304-1282
営業時間:10時~19時

 

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。