マイケル・コース(MICHAEL KORS)の洋服修理についてまとめ記事

ミーンズワイルの洋服修理について修理職人が詳しく解説します
2019-07-25
ホコモモラ(Jocomomola)の洋服修理を検討中ならこちらを参考にしてみましょう
2019-07-25

マイケル・コースのスカートのファスナーとホックを交換したい

お気に入りのコートの裏地の破れたのを直したい

といった、マイケル・コースの洋服の修理を検討しているならこちらのページをご覧ください!経験豊富な職人が洋服修理について詳しく解説します。

マイケル・コース(MICHAEL KORS)は1981年にアメリカでマイケル・コース(Michael KORS)が自身の名を冠したブランドを創立しました。当初はレディースラインのみでしたが、その後メンズラインも開始。アクセサリー、シューズ、時計、ジュエリー、アイウェア、フレグランスなど幅広い製品を展開しています。最近では、著名人などとコラボ商品も発表しています。

それでは、当サイトでもご依頼の増えてきているマイケル・コースの洋服修理について解説していきます。

マイケル・コース メーカーでの修理

マイケル・コースの洋服の修理はオリジナルにこだわるなら購入店、メーカーに修理の依頼をしましょう。
メーカーに修理を依頼する際は以下の点に留意しましょう。

  • 見積もりや納期に時間がかかる場合が多い
  • 修理料金が高額になるケースがある
  • 購入時の領収書などが必要になる場合がある
  • 他ブランドなどとコラボした商品の修理は受付けない場合がある
  • 修理内容によっては修理を断られるケースがある

 

〇マイケル・コース オフィシャルホームページ

マイケル・コース 修理専門店での修理

オリジナルのパーツでの修理にこだわらない場合マイケル・コースの洋服修理は修理専門店に依頼しましょう。修理専門店に依頼する場合以下の点に留意しましょう。

  • 見積もりや納期が迅速な場合が多い
  • 修理金額はメーカー修理と比較すると比較的安価に収まる
  • 購入時の領収書などがなくても修理を受付ける
  • メーカーに断られた修理も受付てもらえることが多い
  • 修理職人に直接希望を伝えることができる場合がある

 

マイケル・コースの洋服修理のご依頼は当サイトにも増えてきています。それでは早速マイケル・コースの洋服修理について解説していきましょう!

ファスナー・ホックの修理

マイケル・コースのスカートやワンピース、パンツなどのファスナーやホックなどのパーツは長く愛用していると不具合が発生することがあります。

スライダーが動かない、閉まらない、ホックが取れてしまった、といった場合、交換修理が可能です。ファスナー、スライダー、ホックなどはマイケル・コースと遜色のないパーツを使って交換修理をいたしますので安心です。

また、マイケル・コースのダウンジャケット、ダウンベストなどのファスナー、ホックの交換も可能です。お問い合わせください。

  • ホック交換 3,000円~
  • ファスナー交換(アウター)7,000円~
  • スライダー交換 3,000~5,000円

 

ジャケット・コートの裏地張り替え

マイケル・コースのジャケットやコート、ワンピースなどの裏地は破れたりほつれてしまうことがあります。その場合裏地の張り替え修理が可能です。

裏地に関しては可能な範囲でマイケル・コースオリジナルに近い感じの生地にて張替えます。また裏地のカスタムなども可能ですので是非一度相談ください。

  • 裏地の張り替え修理 15000円~

 

ジーンズ・パンツの裾上げ・股下破れ修理

マイケル・コースのジーンズ・パンツの裾上げ、股下破れ、穴あき修理が可能です。擦り切れてきた場合、早めの修理を検討しましょう。
また、ジーンズのカスタムも対応しております、ご質問等は無料のメール見積もりをご利用ください

  • 裾上げ(ジーンズ) 2,000円~
  • 股下破れ補修 8000円~
  • デニム穴補修 6000円~

 

サイズ直し

購入時はぴったりだったマイケル・コースの洋服も、経年と共にウエストがゆるい、丈が長いなどサイズ感がしっくりしないなど、サイズ直しを検討している場合来店での修理をおすすめしています。
シャツの袖丈やパンツの丈を詰めるなどのサイズ直しはまずメールにてご相談ください。

マイケル・コースの洋服修理は上記修理以外も対応いたします。ご質問は無料のメール見積もりをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。