エドウィンのジーンズリペアでお困りなら!修理方法や料金案内

ロンハーマンのスウェットやデニム修理案内|洋服修理について
2018-04-15
エビスジーンズの股下の破れ
エビスジーンズのリペア案内|修理料金や方法について
2018-04-17

エドウィンのジーンズリペアでお困りですか?
そういった場合にはまずはこちらのページを
参照してみて下さい。経験豊富な職人がどう
いったジーンズ修理が可能なのかについて詳し
く解説していきます。

エドウィン(EDWIN)は米軍払い下げのジーン
ズを取り扱っていた常見米八商店が前身です。
その後、中古のジーンズ販売を始め、エドウィン
のジーンズライン開始が開始されたのが1961年と
なっています。

またリージャパン(Lee Japan)も傘下でエドウ
ィンが製造販売をしています。

そんなエドウィンですが日本人の体型にあった
ジーンズがおおく、長く履いている方も多いと
思います。3年前後履いたジーンズは修理や
メンテナンスについても検討しましょう。

エドウィンのジーンズリペア案内

それでは当サイトでの修理例を参照にどうい
った修理内容が多いのかについて紹介して
いきます。

ジーンズはブランドを問わず色々な修理が
可能です。他店にて断られてしまった修理
も大抵の場合は修理が可能です。諦めずに
見積りを依頼しましょう。

それではエドウィンでオススメのリペアを
見ていきましょう。

定番のジーンズリペア

まずはジーンズで定番の修理です。デニム生地
破れ補修や股下のスレリペアなどが定番になって
います。

それぞれジーンズの状態によって修理方法が
異なります。生地が破れている場合は通常
裏から補強してステッチを入れてのリペアに
なります。

生地の状態、傷みの範囲等によって料金が
変動します。大きな傷みに関しても相談下さい。

  • デニム生地破れ補修 5000円~
  • デニム生地穴あき補修 5000円~

 

リメイク加工ジーンズも長く愛用していると
補修が必要となってきます。加工部分周辺
から傷んでくるケースが多いので注意しましょう。

次に股下のリペアです。股下がスレて生地が
弱ってきた場合などには生地の補強などにて
修理しましょう。ステッチを細かく入れて
修理するのでしっかりと強度を出すことが
出来ます。

  • 股下補強 5000円~

 

意外と多いポケットリペア

ジーンズのポケットって意外と破れやすい
ものです。特にタフに使用している男性の
ジーンズポケットは穴あきや破れなどの
不具合が出やすいので注意しましょう。

ポケットのリペアで多いのは思いに2種類です。
後ろポケットの穴あきとフロントポケットのポ
ケット裏地破れです。どちらの修理も違和感
なく修理することが可能です。

後ろポケットのリペアの場合は通常一度
ポケットを分解してから修理します。修理
補修後にサイドポケットを本体に戻します。

フロントポケットの裏地がやぶれた場合には
裏地取り替えにて修理します。片側破れている
場合は両側同時の修理がオススメです。

  • 後ろポケット傷み補修 5000円~
  • フロントポケット裏地交換 5000円~

 

1万円以下のジーンズラインなども多いエドウィン。
修理する価値があるの?といった場合もリペアを
おすすめしています。愛着が一つの理由ですが
その他にも履きやすやを考慮すると修理しながら
長く愛用するのがおすすめです。

 

メーカーでの修理について

エドウィンのメーカー修理はどうなって
いるのでしょうか?裾直しなどのシンプル
なお直しに関してはメーカーでも対応が
可能なようです。

また初期不良が疑われる場合にはまずはメー
カーに問い合わしてみましょう。

お店で修理はできますか? – 商品のお手入れについて | EDWIN公式オンラインショップ

 

その他エドウィンのデニムアウターなどの
修理も可能です。特殊な修理に関しても諦
めずに相談下さい。

エドウィンのジーンズ修理に関しては無料
のメール見積もりをご利用ください!店舗
来店&郵送にて修理受付中です。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理
保証をつけています。修理後3ヶ月以内の
不具合に関してはすべて無料にて再修理
致します。安心して修理ご依頼ください。