レミレリーフのジャケットやダウン修理案内

アディダスの洋服修理案内 | ナイロンパーカー・アウター
2017-08-31
【保存版】Y-3の洋服修理|アウターからコートまで
2017-09-01

職人が解説するレミレリーフ洋服修理案内

こちらのページではレミレリーフ(Remi Relief)の洋服修理について修理職人が解説していきます。

公式通販サイト

<UNITE NINE>は国内外のメンズ、レディースの洋服、バック、シューズ、インテリア雑貨などのセールス&プレスを行っているshowroomです。

どういった修理ができるの?と疑問に思った場合はまずはこちらのページから。

ミリタリージャケット・ブルゾンで多い修理

レミレリーフで人気のナイロンミリタリージャケットやブルゾンは実は色々な修理が可能です。当サイトで多い修理依頼を中心に紹介します。

リブの交換

まずはリブの交換修理です。レミレリーフのミリタリージャケットなどはニット系のリブを使用しています。ニットリブは手首周りのフィット感がよいですが、長く愛用していると交換が必要になってきます。

そういった場合はジャケットのリブ交換がお勧めです。元からついているリブの色に合わせて再作成するので修理後に違和感が残ることはありません。

またその他のナイロンジャケットの袖口修理ももちろん可能です。擦り切れてしまった場合などはご相談ください。

  • リブ交換(一般) 9000円~
  • 袖口補修 7000円~
    *両側の価格

 

ファスナーの交換

レミレリーフのジャケットはWaldes製のファスナーが使用されているものも多くなっています。ファスナーが故障してしまった場合にはオリジナルに近いものにて交換します。ファスナーメーカー指定の場合は別途料金がかかります。随時ご相談ください。

  • フロントファスナー交換(ジャケット) 8000~12000円

 

ダウンジャケットでお勧めの修理

ダウンは修理やクリーニングが出来ないと思われている方も多いのではないでしょうか?実はダウンに関してもいろいろな修理やメンテナンスが可能です。他店で断られた洋服に関しても諦めずにまずはこちらのページを参照ください。

ダウン生地が破れた場合にお勧めの修理

ダウンが破れた場合も一部を除いて補修が可能です。通常補強生地を裏側もしくは表面からアタッチして補修します。(ダウンは縫い付けることが困難な場合が多いため)

共布を使用しての修理になるので修理後にそれほど違和感が出ることはありません。(購入時の状態に戻るわでではありません)

  • ダウン破れ補修 6000円~

タバコの穴などにも対応しているので一度ご相談ください。

ダウンジャケットのクリーニング

レミレリーフのダウンの汚れが気になってきたらダウンクリーニングがお勧めです。当サイトでは丁寧に洗浄する手洗いにて一点一点クリーニングします。

  • ダウンクリーニング 7000~8000円

 

その他ダウン修理について

高級ダウンジャケット修理実績多数の、ハイブランド洋服修理専門店アウトフィッターズです。「ダウンが破れてしまったけど修理できるの?」「ファスナーが壊れた!どうしよう!」などといったトラブルでお困りならまずは下記を参照してみてください。意外とまだまだ...

 

洋服修理店アウトフィッターズ
住所:東京都文京区本駒込6-13-1
電話番号:03-6304-1282
営業時間:10時~19時

 
その他レミレリーフの洋服修理に関するお問い合わせは無料のメール見積もりをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。