ペンギンマークでお馴染みのマンシングウェア修理案内

ロッキーマウンテンフェザーベッドの洋服修理案内
2018-03-11
グラミチのパンツやショーツの修理について
2018-03-11

マンシングウェアのアウターやジャケット
修理でお困りならこちらのページを参照し
てみてください。経験豊富な修理職人がど
ういった洋服修理が可能なのかについて詳
しく解説していきます。

マンシングウェア(Munsingwear)は1955
年アメリカにて創業のゴルフウェアブランド
です。

ペンギンのロゴマークはゴルフウェアの代名
詞としても有名です。

そんなマンシングウェアのブルゾン、シャツ
アウターなどを長く愛用している場合には
修理についても予め知っておきましょう。

愛着のあるマンシングウェアの洋服は修理し
ながら長く愛用するのがおすすめです。

マンシングウェアの洋服修理案内

それでは当サイトの修理例を参照にどういっ
た修理が多いのかについて紹介していきます。

気持ちよく洋服を着るためにも修理やメンテ
ナンスはしっかりとしましょう。

ブルゾンやアウターで多い修理

マンシングウェアのブルゾンでおすすめ
の修理はリブニット交換とファスナー
交換です。

ブルゾンのリブ部分は長く使用している
弱ってへたってきます。そういった場合
に必要な修理がリブニットの交換修理です。

オリジナルに近い素材にて交換するので
違和感が残ることはありません。また
両袖同時の交換となります。

またブルゾンやナイロンジャケットは
フロントファスナーの不調に気をつけま
しょう。スライダーが外れてしまったり
動作不良の場合にはファスナー交換での
修理をおすすめします。

  • リブニット交換 1万~14000円
  • フロントファスナー交換 8000~15000円

特殊な修理ですがダウンやナイロンジャ
ケットの破れに関しても修理が可能です。
破れて切れなくなってしまったアウター
も一度相談下さい。

  • 生地破れ補修 8000円~

 

シンプルな修理、定番のお直し

シンプルなシャツの着丈詰めなどの修理も
可能です。サイズを微調整したい場合など
には着丈詰めにて調整しましょう。

メンズとレディースのパンツもサイズが合
わなければ丈詰めにて対処します。

  • 着丈詰め 4000円~
  • パンツ丈つめ 2000円~

 

その他マンシングウェアの洋服修理に関して
は無料のメール見積もりをご利用ください!

当サイトでは全ての修理に無料の再修理
保証をつけています。修理後3ヶ月以内の
不具合に関してはすべて無料にて再修理
致します。安心して修理ご依頼ください。