シャネルの洋服修理を検討しているならこちらのページを参考に

グローバルワークの洋服修理案内
2019-05-09
ティティー&コ—の洋服修理について詳しく解説します
2019-05-09

シャネルのジャケットの袖口のほつれを直したい

といった、シャネルの洋服修理を検討しているならこちらのページをご覧ください!経験豊富な職人が洋服修理について詳しく解説します。

シャネル(CHANEL)は、1910年に創業者のココ・シャネルがフランス・パリで帽子の専門店として創業。1915年に本格的にオートクチュールデザイナーとしてのスタートを切りました。日本には1960年代から輸入が始まり、1980年に日本法人が設立され1994年には銀座・並木通りにシャネルブティックが開店しました。現在ではオートクチュールをはじめ、高級既製服、アクセサリー、ジュエリー、香水、化粧品、時計、アイウェアなど幅広い商品展開をしています。

シャネル メーカー修理

シャネルの洋服修理はオリジナルにこだわるならメーカーに修理の依頼をしましょう。メーカーに修理を依頼する際は以下の点に留意しましょう。

  • 見積もりや納期に時間がかかる場合が多い
  • 修理料金が高額になるケースがある
  • ギャランティーカードや領収証などがないと修理を受付けない場合がある
  • 修理内容によっては修理を断られるケースがある

 

〇シャネル オフィシャルホームページ

シャネル 公式サイトでは、プレタポルテ、バッグ、シューズ、財布、アクセサリー(ピアス、イヤリング、リング、ネックレス) などの最新コレクションやショーの映像、音楽をはじめ、店舗情報、その他シャネルのファッションに関する最新情報をご覧いただけます。

シャネル 修理専門店での修理

オリジナルのパーツでの修理にこだわらない場合シャネルの洋服修理は修理専門店に依頼しましょう。
修理専門店に依頼する場合以下の点に留意しましょう。

  • 見積もりや納期が迅速な場合が多い
  • 修理金額はメーカー修理と比較すると比較的安価に収まる
  • メーカーに断られた修理も受付てもらえることが多い
  • 修理職人に直接希望を伝えることができる場合がある

 

ファスナー・ホックの修理

シャネルのスカートやパンツ、アウターなどに使われているファスナーやホックなどのパーツは長く愛用していると不具合が発生することがあります。

スライダーが動かない、ファスナーが閉まらない、ホックが取れてしまった、といった場合、交換修理が可能です。ファスナー、スライダー、ホックなどはオリジナルと遜色のないパーツを使って交換修理をいたしますので安心です。

  • ホック交換 3,000円~
  • ファスナー交換(アウター)7,000円~
  • スライダー交換 3,000~5,000円

 

破れ、ほつれ修理

シャネルのスーツの袖口、パンツの裾のほつれ、ワンピースの破れ、ボタンホールの糸のほつれなどでお困りの場合、修理が可能です。

破れやほつれはそのまま放置しておくと、どんどん広がってしまいますので、早めの修理を検討しましょう。ベテランの修理職人が再縫製修理などで、修理をいたします。

  • 生地破れ補修(アウター)6,000円~
  • 袖口の補修(アウター)6,000円~

 

ジャケット・コートの裏地張り替え

シャネルのジャケットやコートの裏地は長く愛用している間に、ほつれてきたり、破れてしまうことがあります。その場合裏地の張り替え修理が可能です。

  • 裏地の張り替え修理 15000円~

 
また、シャネルのシャツやジャケット、パンツなどのカスタムのご相談も承ります。もう、穿けなくなった、着られなくなったとあきらめる前に一度ご相談ください。

その他シャネルの洋服修理に関するご質問は無料のメール見積もりをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。