ノースフェイスのジャケットやパーカーの洋服修理案内

モンクレール ダウン 修理
正規で断られたモンクレールのダウン修理!破れ・ファスナー・クリーニング等の説明
2017-08-09
スノーピーク
スノーピークのジャケットやダウン修理案内
2017-08-11
ノースフェイス

職人が解説するノースフェイスの洋服修理案内

ゴアテックスのノースフェイス

ノースフェイスのアウターは実は色々な修理が可能です。破れやライニングの傷みも相談を!

こちらのページでは主にノースフェイスのジャケットの色々な修理について詳しく紹介していきます。

男女を問わず人気のあるアウトドアブランドがノースフェイス(The North Face)です。最近では人気ショップとのコラボ商品ラインも多くアウトドアブランドというよりも街中でよく愛用されているブランドという印象の方が強いかもしれません。

そんなノースフェイスのジャケットなどの洋服はどういった修理が可能なのでしょうか?当サイトの修理依頼を参考に詳しく紹介していきます。

まずはメーカーでの修理について

ジャケットが故障してしまったという場合まず検討したいのがメーカーでの修理です。保証期間内の場合やオリジナルと同様の素材にて修理したい場合はメーカー修理となります。

一方でメーカーでの修理には何点か注意点もあります。下記にて予め確認しておきましょう。

  • 並行輸入品は修理受付が不可の場合が多い
  • メールや電話での見積もりも不可
  • 修理自体ができない場合も多い
  • 保証期間外の場合は料金が高額になる可能性が高い

 

◯ノースフェイス公式修理

メーカーにて修理を断られてしまった場合も、当サイトのような洋服修理専門店にて見積もりを依頼しましょう。

ノースフェイスのジャケットやダウンで多い修理

人気のノースフェイスパープルラインを含めマウンテンパーカーやダウンの修理方法と参考修理料金は下記を参照してみてください。

ノースフェイスのジャケットは部分的に故障してしまっても修理・メンテナンス次第でとても長く愛用できる洋服です。

ファスナー関連の修理

スライダーの引張りの修理

写真の様にスライダー引き手が取れてしまう不具合が多くなっています。スライダー交換もしくは引手の取り付けにて修理。

ジャケットの場合はまずはファスナー関連の修理について抑えておきましょう。ジャケットなど洋服のファスナーは毎日多用するため故障する可能性もとても高くなっています。

ノースフェイスのファスナーは9割方YKK製のファスナーを使用しています。ダウンジャケットで多いのは通常のビスロンファスナーが多く、マウンテンパーカーはアクアガードと呼ばれる防水性が高いファスナーが使用されています。

こちらどちらのタイプもオリジナルと遜色のないタイプのものにて交換修理可能です。またスライダーのみが故障してしまった場合はスライダー交換のみで修理が可能なケースもあるので一度ご相談ください。

  • メインファスナー交換(ジャケット) 8,000~12,000円
  • サブファスナー交換 6,000~9,000円
  • スライダー交換 3,000~4,000円

 

ナイロン系アウターの生地破れ

ポケット被せ部の破れ

ポケット部の生地破れです。おそらく力がかかりすぎてしまったのでしょう。そのままだと破れが広がっていく可能性が高いので早めに修理を依頼してください。

生地の破れは通常のお直しやさんで断られてしまった経験を持っている方も多いのではないでしょうか?当サイトではできるだけ目立たない方法にてナイロン生地の補修が可能です。

ハイブランド修理の専門店なので、生地破れ補修経験豊富なスタッフが対応します。

  • 生地破れ補修 8000円~
ダウン破れ

フードの破れ2箇所

フード破れ

かなり大きく裂けていたので袖裏とポケット内布を切り取りお修理しています

フード破れ

修理箇所シール部分。お修理代金 26000円です。

 

マジックテープ(面テープ)のヘタリなど

ジャケットを毎年多用されている方は袖口や身頃のマジックテープのヘタリに注意しましょう。弱くなった場合は交換が可能なのでご安心ください。

マジックテープの色に関しても可能な限り遜色のない色にて交換します。

  • マジックテープ交換 7000円~

 

ホックが外れてしまった場合の修理方法

ジャケットのホック外れ

ホックが外れてしまった場合は似寄りのモノにて交換。しっかりと強度を出して修理します。

ジャケットについているホック(バネホック)に力がかかって取れてしまった場合はホック交換を依頼しましょう。

ホックの交換方法は2通りあります。ジャケットの生地が傷んでいる場合は一度生地補強をしてから新しいホックを取り付けます。生地に傷みがない場合はホック取付のみで済むので料金は安くなります。

  • バネホック交換取付 2,000円~

 

クリーニングと撥水加工

ゴアテックスなどのジャケットでお勧めなのがクリーニングと撥水加工です。通常クリーニングと撥水加工は同時の依頼をおすすめしています。

一度汚れを落としてから撥水加工することで防水機能をより長く持続させることができます。また撥水加工には汚れをつきにくくする効果もありますのでお気に入りのジャケットにおすすめです。

  • マウンテンパーカークリーニング 5,000円
  • クリーニング+撥水加工 7,000円

 

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。