グッチの洋服修理を検討中ならこちらをご参考に

ラルフ・ローレンの洋服修理について専門の修理職人が解説します
2019-05-13
クリスチャン・ディオールの洋服修理について修理職人が解説
2019-05-14

グッチのジャケットの裏地が破れてしまった

ワンピースのファスナーが壊れて途中で開いてしまう!

といった、グッチの洋服修理を検討しているならこちらのページをご覧ください!経験豊富な職人が洋服修理について詳しく解説します。

グッチ(GUCCI)は、1921年にグッチオ・グッチ(Guccio Gucci)がイタリア・フィレンツェでレザーグッズ専門として創業しました。

当初は乗馬に使う馬具にインスピレーションを受けたバッグや靴などのレザー製品が中心でしたが、現在ではケリンググループの中核をなすブランドとなり、バッグ・靴・財布などの皮革商品のほか、服、宝飾品、時計、香水などを幅広くしています。

グッチ メーカー修理

グッチの洋服修理はオリジナルにこだわるならメーカーに修理の依頼をしましょう。メーカーに修理を依頼する際は以下の点に留意しましょう。

  • 見積もりや納期に時間がかかる場合が多い
  • 修理料金が高額になるケースがある
  • 修理を依頼する際領収書や保証書などが必要なことがある
  • 修理内容によっては修理を断られるケースがある

 

〇グッチ 公式サイト

グッチ 修理専門店での修理

オリジナルのパーツでの修理にこだわらない場合グッチの洋服修理は修理専門店に依頼しましょう。
修理専門店に依頼する場合以下の点に留意しましょう。

  • 見積もりや納期が迅速な場合が多い
  • 修理金額はメーカー修理と比較すると比較的安価に収まる
  • メーカーに断られた修理も受付てもらえることが多い
  • 修理職人に直接希望を伝えることができる場合がある
  • 領収証や保証書がなくても修理に応じる

 

ファスナーの修理

グッチのドレス、ワンピース、スカート、パンツなどに使われているファスナーやホックなどのパーツは長く愛用していると不具合が発生することがあります。

スライダーが動かない、ファスナーが閉まらない、ホックが取れてしまった、といった場合、交換修理が可能です。ファスナー、スライダー、ホックなどはオリジナルと遜色のないパーツを使って交換修理をいたしますので安心です。

  • ホック交換 3,000円~
  • ファスナー交換(アウター)7,000円~
  • スライダー交換 3,000~5,000円

 

ジャケット・コートの裏地張り替え

グッチのコートやジャケットの裏地は長く愛用している間に、ほつれてきたり、破れてしまうことがあります。その場合裏地の張り替え修理が可能です。

  • 裏地の張り替え修理 15000円~

 

サイズ直し

購入した時にはぴったりだったのに、時がたてばウエストがゆるい、丈が長いなどサイズ感がしっくりしない!なんてこともあります。

そのまま着用を続ける続けるのではなく、サイズ直しを検討してみませんか?

シャツの袖丈を詰めたい、パンツの丈を調整したいといった場合は来店での修理をおススメしています。もう、穿けなくなった、着られなくなったとあきらめる前に一度ご相談ください。

その他グッチの洋服修理に関するご質問は無料のメール見積もりをご利用ください。

グッチの洋服修理、サイズ直しなどは上記以外も対応いたします。もう着られなくなったとあきらめる前に大切な洋服は修理をして更に長く愛用しましょう。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。