マルジェラ(Maison Margiela)の洋服修理案内

ジュンヤワタナベの洋服修理案内|アウター・デニム
2018-03-31
マルニ(MARNI)の洋服修理なら
2018-04-03

マルジェラのアウターやジーンズ修理でお困りならこちらのページを参照してみてください。経験豊富な職人がどういった洋服修理が可能なのかについて詳しく解説していきます。

マルジェラ(Maison Margiela)は1988年にスタートしたデザイナーズブランドです。ファッションの歴史に大きな影響を与えたブランドとしても有名です。

メンズ・レディース共にライナップがありどちらも人気が高くなっています。

そんなマルジェラの洋服を長く愛用している方は修理やメンテナンスについても予め知っておきましょう。修理・メンテナンスをすることでより長く洋服を愛用することが可能です。

マルジェラの洋服修理案内

それでは当サイトの修理例をサンプルにどういった修理が多いのかについて紹介していきます。

他店などで断られてしまった修理に関しても一度相談下さい。

ライダース・ブルゾンなどアウター修理

マルジェラのメンズで人気のライダースジャケットは実は色々な修理やメンテナンスが可能です。

レザージャケットは少なくとも1年に1回はクリーニングに出すのがおすすめです。クリーニングに出す際にはレザーを専門で扱っている専門店に依頼して下さい。専門店に出すことで汚れ落としのみではなくレザーに栄養分を与えるメンテも同時に可能です。

またレザーの色が退色してしまった場合などには染色にてメンテナンスが可能です。マルジェラで多いのは主にブラックですがその他特殊色にも対応可能です。

  • レザージャケットクリーニング 6000~8000円
  • レザージャケット染色 20000~35000円

 

ライダースやブルゾンなどフロントファスナーがついたアウターはファスナーの不具合に注意しましょう。スライダーやファスナー自体が故障してしまった場合には交換にて修理対応可能です。

  • スライダー交換 3000~5000円
  • フロントファスナー交換 12000~18000円
  • 袖ファスナー交換 8000~1万円

 

ジーンズの色々なリペア

マルジェラのジーンズは色々なリペアが可能です。サイズ調整から破れの修理まで傷んでしまった場合にはまずは修理を検討しましょう。

ジーンズで一番多い修理依頼はデニム生地の破れ補修です。やぶれてしまった部分にステッチを入れてしっかりと強度を出した修理が可能です。破れの状態によって最適な修理方法で作業するので安心です。

またデニムのファスナー部も実は交換が可能です。スライダーのストッパーが効かなくなったときなどにはファスナー交換にて対処しましょう。

  • デニム生地補修 5000円~
  • デニムファスナー交換 4000~6000円

 

その他アウターやボトムスなどの修理も可能です。特殊な修理に関しても諦めずに相談下さい。

マルジェラの洋服修理に関しては無料のメール見積もりをご利用ください!店舗来店&郵送にて修理受付中です。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。