ジョンブルプライベートの洋服修理について職人が解説します

オールインワンやつなぎなどの洋服修理でお困りなら!
2019-03-17
アダム・エ・ロペの洋服修理なら|後悔しないための修理依頼方法
2019-03-17

ジョンブルプライベートのポケットがすり切れてきた!

アウターのファスナーが壊れてしまった!

といった場合にはまずはこちらのページから。

ジョンブルプライベートは1952年ジーンズの聖地岡山県倉敷市で創業した日本のブランドです。「時代を超えて愛され続けるプロダクトへのリスペクト、服それぞれが持つ意味、魅力、ルールを熟知すること。」というコンセプトのもと現在ではジーンズを中心に、カジュアルウエアを製造、販売しています。

メーカーでの修理を希望する場合

ジョンブルプライベートのジーンズなどの裾上げ、リペアはメーカーでの修理が可能です。オリジナルのパーツでの修理を希望する場合などはメーカー修理を検討しましょう。一般的にメーカー修理は見積もりや納期に時間がかかることが多いので注意が必要です。

ジョンブル/Johnbullの公式オンラインストア。Johnbull Private labo各店舗とポイントサービスを共通で利用可能。オリジナルからセレクトまで、Johnbullで取り扱う全レーベルを全品送料無料でお届けします。

ジョンブルスタンダードの修理専門店での修理

ジョンブルスタンダードの洋服は修理専門店での修理ができます。

メーカーでの修理を断られた場合や、オリジナルのパーツでの修理にこだわらなければ修理専門店での修理を検討しましょう。メーカー修理と比較すると、見積もりや、納期が早く、料金も安く収まることが多いようです。

ファスナー・スライダーの修理

ジョンブルスタンダードの人気のアウター、ジーンズの修理で多いのがファスナー、スライダーの修理です。

メインのファスナーはもちろん、ポケットなどについているファスナーも、使い続けているうちに壊れてしまうことがあります。

ファスナーのかみ合う部分が一部欠損してしまったり、スライダーが動ききにくくなったら早めの修理を検討しましょう。ファスナーが閉まらない、スライダーが動かないなど無理に動かすと生地を傷める原因にもなります。

当サイトでは、オリジナルと遜色のないパーツを使用して修理いたしますので、元のデザインや風合いを損なうことがなく安心です。

  • メインファスナー交換(アウター)6,000円~

 

ジーンズ・パンツの修理

ジーンズ、パンツの丈の長さが気になる。裾がすり切れてきたので詰めたいなど、ジョンブルスタンダードのジーンズ、パンツの丈詰めを承ります。

また、穴が開いてしまった、ボタンが外れた、ボタンホールの糸がほつれたなどオリジナルのデザインを損なうことのないように洋服修理の専門の職人が修理をいたします。

  • 丈つめ(パンツ)2,000円~
  • 破れ補修(ジーンズ)3,000円~

 

その他、ジョンブルスタンダードの洋服の襟、袖のほつれ、破れてしまったなど、もう着られない、穿けなくなったとあきらめる前に一度ご相談ください。その他レッドカードの洋服修理に関するご質問は無料のメール見積もりをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。