ヘリーハンセンの洋服修理案内|アウター・ジャケット

オーラリー(Auralee)の洋服修理案内
2018-03-17
フレッドペリーのシャツやジャケット修理案内
2018-03-18

ヘリーハンセンのアウターやジャケット修理でお困りならこちらのページを参照してみてください。経験豊富な職人がどういった洋服修理が可能なのかについて詳しく解説していきます。

ヘリーハンセン(Helly Hansen)はノルウェイ・オスロ発祥のファッションブランドです。

ヨットレースやマリンスポーツにおいて知名度がとても高いブランドとしても有名です。また街なかでヘリーハンセンのバッグを見かけることも多くなってきました。

そんなヘリーハンセンですがアウターやジャケットは色々な修理が可能なことをご存知ですか?こちらのページではヘリーハンセンの洋服修理について詳しく見ていきます。

ヘリーハンセンの洋服修理案内

それでは当サイトの修理サンプルを参照にどういった修理が多いのかについて紹介していきます。購入店にて断られてしまった洋服に関しても一度相談下さい。

アウトドアでラフに着用される機会が多いので、ウェアの破れやホツレ、ファスナーの故障といった修理依頼が洋服修理のアウトフィッターズには多く寄せられます。

ナイロンパーカーで多い修理依頼

ヘリーハンセンで人気などがナイロンパーカーです。メンズもウィメンズもバリエーションが多くなっています。

ナイロンパーカーで多いのがファスナーのトラブルです。ファスナーは消耗品ですので長くナイロンパーカーを愛用している際には修理やメンテナンスが必要です。

ファスナーが閉まりづらくなってきたら修理を検討しましょう。ファスナー部はスライダー交換やファスナー交換にて修理することが可能です。

また修理で心配なのが色合いやデザインが変わってしまうことです。当サイトではヘリーハンセンオリジナルのファスナーと遜色のないものにて交換するので、修理後に違和感が残ることは無いので安心です。

  • スライダー交換 3000~4000円
  • フロントファスナー交換 8000~14000円

 

ナイロンパーカーは袖丈詰めなども可能です。袖丈がやや長くて気になる際には袖丈詰めにて修理対応を検討しましょう。

  • 袖丈詰め 6000~12000円

 

ヘリーハンセン洋服のやや特殊な修理

先の尖ったものや、フックや釣り針を引っ掛けて破けてしまった!長年使用しているうちにほつれてきたウェアも洋服修理のアウトフィッターズで修理いたします。
破れた個所は放置しておくと、どんどん大きく広がってしまいます。ホツレも同様にホツレが進んでしまうので、気が付いたら早めに修理をすることをおススメしています。

アウターの生地破れや傷みのトラブルは意外と多いものです。そういった場合でも修理が可能と知っておくことで、故障の際には修理を検討することが出来ます。

破れ補修方法には何通りか方法があります。生地の傷み具合によって最適な修理方法にて補強します。

  • 生地破れ補修 6000~14000円

 

ファイバーパイルのメンテナンス

フリースの元祖ともいえるヘリーハンセンオリジナルのファイバーパイルはもこもことした分厚いパイル地が特徴です。このボリュームのある素材感があるからこそ極限的な寒さの中でも耐えられるウェアになっています。
この風合いを長く保つためにも定期的なクリーニングがおすすめです。洋服修理のアウトフィッターズでは修理と同時のクリーニング受付も可能ですのでお気軽にご相談ください。

その他ヘリーハンセンの洋服修理に関しては無料のメール見積もりをご利用ください!

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。