ダントン(Danton)の洋服修理案内 | ジャケット・ダウン

ノイズメーカー(NOISE MAKER)の洋服修理について
2017-08-31
ナイキの洋服修理について | ナイロンジャケット・ダウン
2017-08-31
ダントンのダウン

ダントンのライトダウン。非常に軽量かつ薄手で使い勝手が良さそうです。

職人が解説するダントン修理

メンズ・レディースともに近年人気のあるダントン(Danton)の洋服修理案内です。どういった修理やお直しが可能なのか職人が詳しく解説していきます。

公式ホームページ

1931年フランスで創設されたワークウエアブランド。 パリ地下鉄、フランス国鉄などへ制服や作業服を納めていた由緒あるブランドです。 現在ではワークウエアだけにとどまらず、ユニセックスで楽しめるカジュアルウエアを提供しています。

ウールのジャケットで有名なダントンですが近年はショップコラボのダウンなども増えてきました。修理やメンテナンスの情報は意外と少ないので、まずはこちらのページを参照してみてください。

ダウンジャケットでお勧めの修理

秋冬に活躍するダントンのダウンジャケット。実は色々な修理が可能です。当サイトでの修理依頼を参照に紹介していきます。

フロントファスナーの修理

まずは基本的なファスナー修理です。ファスナーが壊れてしまった場合は一式の交換が一般的です。ダウンの色に合わせたファスナーで交換するので、修理後に違和感が出ることはありません。

またファスナー自体が生きていてスライダーのみが故障している場合もスライダー交換にて対応可能ですので、安心ください。

  • フロントファスナー交換 8000~1万円
  • スライダー交換 3000~4000円
  • メインファスナー交換(ダウン) 17,000円~

 

ダウン生地が破れてしまった場合

ダウンが破れてしまった場合も諦めずに修理を検討しましょう。ダントンのダウンは一部商品を除いて破れ補修が可能です。

ダントン 袖口補修

袖部分のバインダーがほつれてしまっています。中綿が露出していますので、こういった場合は早めの修理がおすすめです。

ダントンのダウンが破れてしまった場合は通常共布アタッチにて修理します。購入時の状態に戻すのは困難ですが、ほとんど目立たない状態まで状態を復元可能です。

  • ダウン破れ補修 6000~1万円

 

ホックやボタンの修理について

比較的多い修理がホック外れの修理です。ホックが外れてしまった場合は汎用品での交換修理が可能です。

ジャケットやダウン生地の状態によって生地補強してからホックを取り付けます。バネホックやドットボタンなど色々なタイプのホックを在庫していますのでダントンの殆どのタイプに対応可能です。

  • ホック交換 2000~5000円

その他ダウン修理について

高級ダウンジャケット修理実績多数の、ハイブランド洋服修理専門店アウトフィッターズです。「ダウンが破れてしまったけど修理できるの?」「ファスナーが壊れた!どうしよう!」などといったトラブルでお困りならまずは下記を参照してみてください。意外とまだまだ現役で使用できる可能性があります。また、丈の長いダウンコートの丈を詰めてショートにする等のお直しが可能な場合があります!へたってしまったマジックテープやホックの交換、プラスティックパーツの交換などダウンだからできないのでは?とあきらめていたお直しが可...

 

洋服修理店アウトフィッターズ
住所:東京都文京区本駒込6-13-1
電話番号:03-6304-1282
営業時間:10時~19時

 

その他ダントン定番のウールジャケットについてももちろん修理可能です。ダントンのウールジャケットは耐久性が高く壊れるケースは少ないですが、故障の際にはご相談ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。