ウィズロムのアウター・パンツなどの洋服修理案内

モヒートの洋服はどういった修理が可能なの?職人が疑問にお答えします!
2019-03-14
オールインワンやつなぎなどの洋服修理でお困りなら!
2019-03-17

ウィズロムのダウンコートの生地が破れた!

パンツの丈を調整したいのだけど。。。」といった場合にはまずはこちらのページから。

ウィズロム(wislom)の洋服修理でお困りの場合はまずはこちらのページから参照してみてください。ウィズロムの洋服についてどういった修理が可能なのか、経験豊富な洋服修理職人が詳しく解説していきます。

ウイズロム(wislom)は日本人デザイナー藤内裕司が発足し、2016年春夏コレクションからスタートしたばかりのブランド。当初はメンズ、レディースのアウターから始まり、現在ではアウターのほか、パンツ、シャツ、ダウンなど幅広く展開を始めている。

こちらではウィズロムの人気のある洋服の修理を中心に解説していきます。

ダウンコート修理の破れやファスナー交換

ウィズロムのダウンコートは、長く愛用しているとほつれたり破れたりして、ダウンが出てきてしまうことがあります。

そういった場合には破れ、ほつれの箇所からダウンが出てこないように補修が可能です。特殊な修理などのメーカーなどでは修理を断られることもあるので気をつけましょう。

また、ダウンコートのファスナー、スライダーの交換修理も承ります。ファスナーが閉まらない、スライダーが壊れてしまった場合でも一度ご相談ください。他のお店で断られてしまったダウンのファスナー交換も承ります。

  • 破れ補修(ダウンジャケット)1万~18,000円
  • ファスナー交換(ダウンジャケット)12,000~18,000円

 

アウター・コート修理

アウターの修理依頼で一番多いのがファスナー関連の修理です。

ファスナーが閉まらない、スライダーが動かないなど、無理に使い続けると生地全体を傷める原因にもなりますので早めの修理をご検討ください。

修理の際にはオリジナルと遜色のない素材を使って修理、交換いたしますので、デザインを損ねることなく安心です。

ファスナーはフロントファスナー、ポケットのファスナーどちらも修理可能です。

また、ボタンの交換、袖丈詰めなどの修理も対応しています。特に袖口は擦れてほつれやすい部分です。ほつれが出てきたら両袖を詰めての修理が可能です。こちらも早めの修理をご検討ください。

  • ファスナー交換(アウター) 8,000~14,000円
  • スライダー交換のみ 3,000~5,000円
  • 袖丈詰め 両袖 6,000円~

 

パンツ修理

ウィズロムのパンツの丈詰めは洋服修理のアウトフィッターズにお任せください。オリジナルのデザインを損ねることなく丈詰めいたします。

また、ポケットやベルトループのほつれはそのままにしておくと、ほつれが広がってしまうので早めの修理をおススメしています。

  • 丈つめ 2,000円~
  • 破れ補修(パンツ) 4,000円~

 

その他、パンツに穴が開いた、コートに虫食いの穴が出来たなどもう着られないかなとあきらめる前に無料のメール相談の利用をご検討ください。愛用してきたウィズロムの洋服は修理をして長く着用したいですね。

その他ウィズロムの洋服修理に関するご質問は無料のメール見積もりをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。