ビスの洋服修理を検討中ならこちらの記事を参考に!
2019-09-26

ジャージの修理を検討中

といったジャージの洋服修理を検討しているならこちらのページをご覧ください。経験豊富な職人が洋服修理について詳しく解説します。

ジャージ(jersey)とは、伸縮性のある厚手のメリヤス編み、若しくはジャージー編みで編まれた生地のこと。 イギリスとフランスのあいだに位置する「チャンネル諸島」ある「ジャージー諸島」が発祥の地という説があります。
また、ジャージはその生地で作られた衣類製品のことを言いますが、ここでは後者のジャージ生地で作られたトレーニングウェアを指します。ジャージは、軽くて耐久性、伸縮性があり、軽くて動きやすいという特徴があります。

ジャージ 各メーカー修理

ジャージの修理はオリジナルにこだわるならメーカーに修理の依頼をしましょう。メーカーに修理を依頼する際は以下の点に留意しましょう。

  • 見積もりや納期に時間がかかる場合が多い
  • 修理料金が高額になるケースがある
  • コラボ商品は修理を受付けない場合がある
  • 修理内容によっては修理を断られるケースがある

ジャージ 修理専門店での修理

オリジナルのパーツでの修理にこだわらない場合ジャージの修理は修理専門店に依頼しましょう。
修理専門店に依頼する場合以下の点に留意しましょう。

  • 見積もりや納期が迅速な場合が多い
  • 修理金額はメーカー修理と比較すると比較的安価に収まる
  • メーカーに断られた修理も受付てもらえることが多い
  • 修理職人に直接希望を伝えることができる場合がある

 
当サイトでもジャージの洋服修理が増えています。早速ジャージの洋服修理について紹介していきましょう!

破れ、ほつれ修理

ジャージの袖口、襟ぐり、裾などはほつれてくる場合があります。
尖ったものに引っかけて穴をあけてしまったり、擦れて生地が破れたり、切れ目が入ってしまった場合もご相談ください。

破れやほつれはそのまま放置しておくと、どんどん広がってしまいますので、早めの修理を検討しましょう。ベテランの修理職人が再縫製修理などで、修理をいたします。

  • 生地破れ補修(アウター)6,000円~
  • 袖口の補修(アウター)6,000円~

 

ファスナー・ボタン修理交換

ジャージに多用されることが多いファスナーですが、スライダーが動かなくなった、ファスナーが壊れたといった不具合が多く発生する様です。
スライダーが取れてしまった、開け閉めできなくなったという不具合が発生した場合交換修理が可能です。

また、ジャージに多用されているのはスナップボタンですが、お気に入りのジャージの場合、スナップボタンが閉まりにくくなることがあります。
そういった場合、交換修理が可能です。

オリジナルと遜色のないファスナー、スライダー、ボタンと交換修理が可能です。

  • ファスナー交換(ジーンズ)4,000円~
  • ホック交換 3,000円~

 

サイズ直し

ジャージは袖丈が長い、着丈が長いなどなどサイズ直しを検討している場合来店での修理をおすすめしています。
丈を詰めるなどのサイズ直しはまずメールにてご相談ください。
 

ジャージの修理はメンズ、レディースを問わず承ります。もう着られなくなったとあきらめる前に一度ご相談ください。
ジャージの洋服修理は上記修理以外も対応いたします。ご質問は無料のメール見積もりをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。